まずはペット可の良い感じのマンションを見つける

基本的には余生をのんびり過ごせたらいいなぁと考えている。

というか、実際にのんびり過ごせているから、すでに達成できてるといえばできてる。

あとはただ、なんとなく生きていくだけでも問題ないわけだが…。

 

このまま毎日、ぼーっと過ごすだけの日常でも、特に不満は無いんだけど、なにかこう…ちょっとだけ、何かできることはないだろうか?という気持ちも湧き上がりつつある。

いろいろと夢みたいなことを考えたりするのだけれど、非常に漠然としていて、どういう優先順位なのか、自分でもよく分かっていない。

ちょっと自分の脳内を整理してみる。

 

終わりから逆算。

 

将来的には、新さっぽろのマンションで人生を終える。

(連れのコネ物件)

 

連れの仕事の関係で、一年中、札幌を離れることは出来ない。

 

連れが蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)なので、虫の多い場所には住めない。

(田舎には住めない)

 

・・・・・・・・・

 

ものすごくがんじがらめだった…。

もしも田舎暮らしを始めるなら、私一人で移住するしかない。

 

・・・・・・・・・

 

できない。

大事な人と離れ離れになってまで手に入れたいものなどなかった。

 

海の近くに住んで釣り三昧の生活をしてみたいとか、畑で自給自足したいとか、自分でツリーハウスを作ってみたいとか、いろいろとやってみたいことはあるけれど、どれもこれも、私の連れにとっては全く興味がないことばかりだった。

(連れは釣りも畑仕事も苦手)

 

となると、どちらを優先するか?

自分の夢や楽しみをとるか?

これからも連れと仲良く一緒に暮らすか?

 

・・・・・・・・・

 

もしも自分が今ひとりだったら、いろいろとやってみたかったが、幸か不幸か、私はひとりではなかった。

誰かと人生を分かち合うということは、自分の人生の半分の自由を相手に差し出すということなんだと思う。

それを覚悟しているから、いま一緒にいるわけで。

 

あとは、今いる場所で何ができるか?ということになるな。

連れの仕事上、ここを離れることはできない。

引っ越す予定はあるが、おそらくここから数キロ圏内の近所になる。

 

・・・・・・・・・

 

まずは全力で、引っ越す物件を見つけるか。

拠点をハッキリさせることが第一歩かな。

 

ポイントはペット可のマンション。

一気に選択肢が減ってしまうが。

連れの意向なので仕方がない。

 

・・・・・・・・・

 

ここまで書いていてふと気づいた。

私は連れの都合で生きている。

 

私自身にこだわりが無いから、こういう関係になったのだろう。

まぁいい。

実際に、私にはこだわりがないので、特に不満もない。

なるようになる。

成り行き任せで生きる。

そういう生き方を目指し、実践してきた結果だ。

完全に想定内だ。

 

とにかくまずは、ペット可の良い感じのマンションを見つけるのだ。

話はそれからだ。

なんというか、ものすごく地味な結論に達してしまった。